プレイステーション

モンスターファームは円盤石を漫画にすべきだったと思う【特にアドバンス】

かつてプレイステーション1,2で『モンスターファーム』というゲームがありました。

育成ゲームでありながらも、駆け引きのあるアクションバトル、意外にシビアなステータス配分、バトルで負けるとモンスターが死ぬこともある、という本格派として人気がありました。

モンスター甲子園という全国大会とかも開催されたりしていましたね。

今日は、このモンスターファームの円盤石が、CD読み取りではなく漫画のバーコード読み取りにすればよかったのでは?と思ったのでこの説について解説していきます。

モンスターファームのすごい点はCD読み込み!

で、このモンスターファームというゲーム、育成ゲームとしての完成度が高いというのがもちろん人気のもっとも大きな原因ですが、他にも目新しい点がありました。

それは、20年前くらいの時代にして、すでに現実とゲームの世界を融合しようという試みをしていた点。

どういうことかというと、モンスターファームでは、プレイヤーが育てることのできるモンスターが音楽CDから再生できるんです。

もう少し詳しく説明します。

モンスターファームでは、プレイヤーがモンスターブリーダーとなりファームでモンスターを育てていきます。

そして鍛えたモンスターを大会に出してバトルで勝利するとランクが上がり、初めEランクだったモンスターを最終的にはSランクまで育て上げることが目的です。

で、このモンスターをどこから入手すればいいのか、というとCDです。

プレイステーションはカセットがCDタイプなので、ゲームソフトのほかに音楽プレイヤーとしても利用できる機能があったんですが、これを利用してゲーム中に別のCDを読み込ませると、CDの内容に応じて様々なモンスターを入手できる!という制度を採用したのがモンスターファームでした。

これが非常に斬新で、自分は家にあるCDがまるで宝の山のように感じ、レアモンスターを求めて家中のCDケースにビニールテープで出現モンスターを書いたりしました。

そんなおもしろさがあったんです。

CDは意外に借りにくいから漫画がいいんじゃないかと思う。

で、ただこのCDからモンスターを生み出せるという概念。

新しいけど完璧では点もありました。

例えば、「CDは借りにくい」という点。

どういうことかというと、CDってコレクターが多いと思うんです。

なので「ちょっとCD貸してー」と頼んでも、「いいよー」となる人ももちろんいますが、「そのアイテムを手放すなんてとんでもない!」みたいな反応をする人も。

・・・いやちょっとモンスター再生するだけやから!

といっても、そういう問題じゃないんだ!みたいな展開もあり得ます。

・・・これは由々しき事態ですね!

漫画とかいう無限にして気軽な背気軽な世界よ

そこで漫画ですよ。奥さん。

漫画をCDの代わりに円盤石として採用すれば、モンスターファームはさらに発展したはずだと思うんです。

ちなみに、プレステでは漫画を読み取れなくね、という話はあとで解説するのでここではスルーしてください。

例えば、漫画の利点としては以下のようなものがあります。

1.より身近で手に入りやすいし、借りやすい

2.バーコード読み取りができる

3.シナジーを生みやすい

それぞれ簡単に見ていきましょう。

1.より身近で手に入りやすいし、借りやすい

まず一つ目はより身近で手に入りやすい点。

CDの価格はアルバムなら3000円くらい、シングルでも1980円とかが相場なのに対し、漫画なら500円とかです。

値段だけじゃなくモノの内容的にも、モンスターファームをプレイする子供を考えたときに、どちらが身近かと考えれば圧倒的に漫画ですね。

さらに漫画は手に持って読むものであるため、借りやすい!

そんな感じの利点があります。

2.バーコード読み取りができる

2つ目のメリットはバーコード読み取りができること。

当時の技術でもゲームボーイとかにカメラ機能があったりもしたので、本のバーコードを読み取るということはそれほど困難ではありませんでした。

なのでCDに限定しなくてもバーコードをピッと読み取るだけの漫画なら、一度ゲームをストップするというリスクを負う必要もなく、技術的なメリットもあります。

3.シナジーを生みやすい

3つ目のメリットは漫画のほうがシナジーを生みやすいこと。

CDで音楽を聴く層とプレステでモンスターファームをやる層のマッチングよりは、漫画を読む層とモンスターファームをする層のほうがマッチング率が高い!

モンスターファームの漫画からレアモンスター!みたいなシナジーを生みやすい組み合わせであるといえます。

ゲームボーイ版は少なくともバーコードだった!

とまあ、こんな感じでCDより漫画だったんじゃないかと思いました。

とはいえプレステだとまあCDかなとも思うんですが、実はモンスターファームってゲームボーイアドバンスとかでも出ているんです。

そちらではCDは読み取れないので言葉を適当に入れて、それをもとにモンスターを再生するという簡単な方式に!

だったらそこはバーコード読み取りだろう!と思いました。

終わりに。まだ間に合うバーコード読み取り本コラボを打ち出すんだ!

とこんな感じで漫画のバーコード読み取りはモンスターファームと親和性が高いんじゃないかと思いつきました。

で、これって過去の話ではなくて、今でもスマホアプリとかでいけるんじゃないかと!思いました。

調べてみると『モンスターファームPOP&POP2』は写メから再生できるということでそんな感じに近いですが、さらにこれを強化したら流行るんじゃないかと!

ぜひもう一度バーコード読み取りのモンスターファームを出してほしいです。

そしたらうちにある500冊くらいの本が火を噴く!