サカつくみたいなゲーム、スポーツ監督ゲーのおすすめまとめ!

サカつくみたいなゲーム

サカつくみたいなゲームを紹介します。

  • 似ているやつを探していたんだよなぁ・・。
  • 新作が出るまでの繋ぎにしたい!

という人は参考にしてください。

目次

サカつくとはどんなゲーム?

まずはサカつくについて簡単に解説します。

created by Rinker
セガ
¥2,430 (2022/12/08 23:25:11時点 Amazon調べ-詳細)
項目内容
タイトルサカつく(プロサッカークラブをつくろう)
メーカーセガ
発売年1996年〜
ジャンル経営シミュレーション
ハードセガサターン、ドリームキャスト、PS2-3、PSP、スマホ等

サカつくとは、以下のようなゲームです。

プロサッカーチームの監督とオーナーになってチーム運営をしていくシミュレーションゲームです。

プロサッカーチームの監督とオーナーになってチーム運営をしていくシミュレーションゲームです。

選手ではなくオーナーになるというのがポイントですね。

シリーズ詳細情報↓

「サカつくシリーズ」のPS4リメイクはあるか?続編・新作情報を調査!

サカつくみたいなゲームのおすすめまとめ!似た名作はこれだ!

サカつくみたいなゲーム

本題に入り、サカつくと似ているゲームのおすすめを紹介します。

やきゅつく

まずはやきゅつくです。

created by Rinker
セガ
¥980 (2022/12/08 09:33:34時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

野球チームの監督とオーナーになって選手を獲得したり補強をしてチーム運営をしていくシミュレーションゲームなので、基本的なゲーム構成はほぼ同じです。

サカつくとの違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

サッカーチームではなく、野球チームということが大きな違いで、ドラフト会議で選手を獲得したり、クライマックスシリーズで優勝を争ったりというのは野球ゲームならではだと思います。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

子供の頃に父親がやっているのを見て自分もやってみましたが、シミュレーションゲームということもあり、当時は面白く感じませんでした。大人になってやっと楽しさがわかるようになりました。

ウイニングポスト

続いてはウイニングポストです。

created by Rinker
コーエーテクモゲームス
¥6,740 (2022/12/08 09:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

牧場の経営をしたり、競走馬のオーナーとなって強い馬の育成や牧場運営をしていくので、経営シミュレーションという点が似ています。

サカつくとの違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

自分で選んだ馬や、育成した馬を繋いでいって、配合を考えて強い馬を作っていくという、いわゆるブラッドスポーツの面をもっているという点はこのゲームの面白いところだと思います。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

やめ時がないので、夜寝ることも忘れてずっとプレイして、寝不足のまま学校に行っていた記憶があります。

シティーズスカイライン

続いてはシティーズスカイラインです。

created by Rinker
スパイク・チュンソフト
¥4,673 (2022/12/08 09:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

とある市の市長となり市の運営をしていくゲームなので、経営シミュレーションというところが似ています。

サカつくとの違い、そのゲームならではの魅力は以下の通り。

ここが違い!ここが面白い!

商業地区や工業地区、住宅地など自由に建設ができ、理想のまちづくりができるというところがこのゲームの面白いところです。

印象に残っているエピソードはこちら。

思い出教えて!

社会人になってお金に余裕ができて色々なゲームをやっていた頃に買って一番面白かったゲームです。休日は毎日のようにプレイしていました。

We Are Football

引用元:https://store.steampowered.com/app/1196470/WE_ARE_FOOTBALL/

続いてはWe Are Footballです。(Steam)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

プレイヤーは経営かグラブルのマネージメントを行う立場で様々なことを指示し、最強のクラブを目指します。

サカつくと似ている点は、プレイヤーの立場でしょう。スカウトやスポンサー決めから育成と似ている点が多い物となっています。

サカつくとの違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

サカつくに比べてゲーム画面がリアルです。比較的新しいゲームですので、こちらの方が好まれる人も多いと思います。

海外のゲームのため、ゲーム内は英語表示です。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

似たようなゲームを探していて、サカつくに非常に似ていましたので面白いてす。英語で表示されていますので、勉強しながら出来て助かっています。

フットボールマネージャー

続いてはフットボールマネージャーです。

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

プレイヤーは選手の獲得からトレーニング、戦術などクラブの経営シミュレーションを楽しむ物となっています。似ている点はプレイヤーの役割です。オーナー兼監督という立場からクラブを指揮する点は、まさにサカつくでしょう。

サカつくとの違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

長らくサカつくは深夜シリーズが出ていなく、ライトな物となっていますのでこちらな方が好きな人が多く、特に海外ではハマっている人が多く見られるようです。オリジナルのクラブはありますが、実在選手やクラブもありシミュレーションの1つとして取り入れる場合もあります。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

PCのみならずコンシューマー展開もあるゲームで私はまだかじる程度ですが、ハマること間違いないです。実在選手がいるのが嬉しくて名前を見るだけでテンション上がる日々です。

Soccer Manager

続いてはSoccer Managerです。

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

プレイヤーはオーナー兼監督となり、クラブの経営から試合の指揮まで行います。

また、育成や契約といった事もプレイヤーの腕次第。実在のクラブteamが多数登場していてるリアルシミュレーションです。似ている点はプレイヤーの役割です。サカつくと似たような事はできますので、感覚も近く触れやすいでしょう。

サカつくとの違い、そのゲームならではの魅力は以下の通り。

ここが違い!ここが面白い!

なんといっても良いのはsteamやアプリで楽しめる物としてリアルさの高さでしょう。

架空が多いサカつくとは違い、実在のクラブが多数でていて現役の選手を経営するクラブに引き入れて、現代の最強をメザセル点です。

印象に残っているエピソードはこちら。

思い出教えて!

私はまだやったことがありませんが、ハマっている友人からは何度も誘われているゲームです。全てやろうとすると手が足りないからと遠慮していますが誘いに負けてやってしまう自分がいそうです。

FIFA MOBILE

続いては「FIFA MOBILE」です。

created by Rinker

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

FIFAシリーズのスマホ版。選手を集めて育成し、ドリームチームを組んで対戦するという内容です。

試合は自分で選手を動かすことができ、課金要素などもありますが、ゲームのうまさである程度格上に勝つこともできます。

そのゲームならではの魅力は以下の通り。

ここが違い!ここが面白い!

名前の通りとにかくライセンスが多いです。

また民度も比較的高く安心して対戦を楽しむことができます。

印象に残っているエピソードはこちら。

思い出教えて!

アップデートで改善されましたが、ちょっと笑えるようなバグがあったりしたこともありました。あと実況が適当で面白いです。

よく友達と放課後にオンラインで対戦したり、一緒にガチャを引いてほしい選手を出して感動を共有したりしました。青春の一部です。

5段階評価

☆4.5です。ゲーム性は素晴らしく面白いのですが、一度だけマナーの悪いプレイヤーと当たったことがありました。

>>このゲームの詳細を見に行く

まとめ

以上がサカつくみたいなゲームのおすすめでした。

まとめると以下の通りです。

まとめ

ぜひプレイしてみてください。ではまた。良いゲーマーズライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

昔好きだったあのソフト、実は新作が出ているかも?

hoihoi90-top

当サイトでは、400作品以上(シリーズ含む)のリメイク情報をまとめています。

そういえば・・昔好きだったあのゲーム、今どうなっているんだろう・・?

久々になんか懐かしいゲームがしたいものよ・・

等、ふと思った際にご利用ください。

また、もし新作が出ていない場合でも「テイストの似た作品」を合わせて紹介しているので新たな作品の幅が広がるかも!

ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次