任天堂DS

難しいRPGを求める人へオススメ『世界樹の迷宮シリーズ』

RPGゲームというと、

  • ドラクエやFFなどのように広大なフィールドを歩き回るタイプ
  • 風来のシレン、チョコボの不思議なダンジョンなどのようにダンジョンに潜っていくタイプ

に分かれます。

たkる
たkる
後者のものはダンジョンRPGと呼ばれます。

今日は、このダンジョンRPGのなかでも最難関レベルと言われる「世界樹の迷宮」を紹介していきたいと思います。

ちょっと骨のあるダンジョンRPGをしたいなという人はぜひプレイしてみてください。

では、参ります。

世界樹の迷宮シリーズってどんなゲーム

世界樹の迷宮シリーズというのは、ATLAS社より発売されたロールプレイングゲームです。

内容はシンプルで、様々な職業のプレイヤーがパーティを組んでダンジョンに潜り、敵を倒しながら奥深くの階を目指していくというもの。

特徴としては、自分でマップを書くという点と、とにかく難しいゲームバランスが挙げられます。

世界樹の迷宮ではマップは自作する

世界樹の迷宮シリーズでは、ダンジョンの各フロアのマップは自ら作成していく必要があります。

ふつうRPGゲームではマップは商人から買ったり、元々ついていたりしますが、世界樹の迷宮シリーズではそんな甘えは許されません

ここに強い敵がいるとか、近道があるみたいな情報を含めて自分だけのマップを作るというのがゲームの醍醐味の一つとなります。

とにかく鬼畜なゲームバランス

この世界樹の迷宮というゲームの2つ目の特徴は、とにかく難しいことが挙げられます。

どのくらい難しいかというと、自分が初めてプレイした「諸王の聖杯」では、チュートリアルで3回全滅し、5Fにいる最初の中ボスで3日間苦戦しました(笑)

その後もボスが出てくるたびに、1週間くらいはレベル上げしたり戦略を練ったりしないと勝てないレベル

とにかくもうボスには一度では勝てないという前提を教え込まれました。

あとは絶対に勝てないようなレベルの敵が、その辺に普通に歩いていたりして、知らずに出会ってしまうと全滅したりと初見殺しを仕掛けてきたりもします。

で、ぶっちゃけ心折れそうになることも多いのですが、ただ、その分クリアするとすごい達成感があるので、何かを成し遂げたいときとかにオススメのゲームです。

世界樹の迷宮シリーズ各タイトルまとめ!おすすめはどこ?

じゃあ、いっちょ世界樹の迷宮やってみるか、という人に向けて、各ハードで発売された世界樹の迷宮シリーズのタイトルを紹介していきたいと思います。

基本的には携帯ゲーム機で発売されており、任天堂DSで3タイトルと3DSで3タイトルが出ています。(あとコラボ作品とか番外編もある)

世界樹の迷宮シリーズは基本的なルールはシリーズ通して同じなので、シリーズを追うごとにちょっとだけ追加機能が追加されていきます。

では、それぞれについて簡単に解説していきます。

たkる
たkる
おすすめはとりあえず1からやってみて、難しすぎて無理だったら5をやるのがおすすめ。

世界樹の迷宮1

まずは任天堂DSで発売された世界樹の迷宮シリーズの第1作。

基本となるところはこのシリーズ1でもう確立されているので、1からプレイしたい人はここから始めるのがオススメ。

世界樹の迷宮2 諸王の聖杯

シリーズ2作目の諸王の聖杯では、職業やバランスを少し修正したくらいで、シリーズ1とそんなに変更点はないので、どちらか好きな方でよいかなと思います。

世界樹の迷宮3 星海の来訪者

シリーズ3作目の星海の来訪者では、マルチルートシナリオや周回プレイの導入、あとはオートパイロット制度(ルート指定しておくとダンジョン内で自動移動してくれる)などが新たに導入。

ワイヤレス通信機能(すれ違い通信)などもあり、けっこう色々増えていますが、基本ルールは同じ。

世界樹の迷宮4 伝承の巨神

ここからは3DSになります。

第4作目の『世界樹の迷宮IV 伝承の巨神』では、気球船によって空を飛び回り、点在する迷宮や小迷宮を探索できる機能が追加されています。

また、3DS特有の立体的に浮かび上がる機能も搭載!

なんですが、まあRPGなのでちょっと敵が飛び出すくらいでそんなに意味はないです(笑)

初心者におすすめ!世界樹の迷宮5 長き神話の果て

シリーズ5作目の「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」は、けっこうガラッと変わります。

まず世界観が変わり、難易度も大きく下がっています(何度を自分で選べる)。

さらにキャラメイクが充実して、かなり自由にキャラを作れるようになったりもしています。

世界樹初心者はここから始めるのがいいかも。

シリーズ最新作!世界樹の迷宮X (クロス)

最後に2018年8月に発売された最新作である3DSタイトル「世界樹の迷宮X (クロス)」です。

基本的にはシリーズ5を引き継いでおり、難易度設定やキャラメイクができます。

あとはサブクラスという第2の職業が副業解禁されているのが特徴。

終わりに!世界樹シリーズは一度はプレイしてみて欲しいゲームです。

ここまで世界樹の迷宮シリーズについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

とにかく激ムズなのが特徴のゲームですが、その分やりごたえはあるので、骨のあるRPGを求めている人はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

きっと衝撃を受けるはずです。

たkる
たkる
個人的にはマゾゲーと名高い2からスタートしてほしい笑

 

そんな感じ、ではまた。良いゲーマーズライフを!