任天堂64

大乱闘スマッシュブラザーズ64!当時はまさに選ばれしオールスターだった!

任天堂64の大乱闘スマッシュブラザーズというゲームについて振り返っていきたいと思います。

このゲームの発売当初、自分はたしか小学校2年生くらいだったのですが、友人宅で一度プレイしてすぐにハマって即購入をねだった記憶があります。

その後、ゲームキューブで続編の大乱闘スマッシュブラザーズDXが発売されるまでの2年間、友人と集まればなんだかんだで毎回プレイしていたような気がします。

それくらい直感的にもプレイできて、かつ奥が深いゲームでした。

では、この大乱闘スマッシュブラザーズ64について見ていきましょう。

大乱闘スマッシュブラザーズは任天堂オールスターの格闘ゲームです。

まずは、この大乱闘スマッシュブラザーズ64というゲームがどんなゲームなのか、というところから振り返っていきましょう。

大乱闘スマッシュブラザーズは操作が簡単な格闘ゲーム

このゲームはマリオ、ピカチュウ、ドンキーコングなどの任天堂のスターたちが一堂に会して最強を決めるというオールスター格闘ゲームです。

従来の格闘ゲームというとストリートファイターなどの難しいコマンド系を覚える系ゲームが多い中、大乱闘スマッシュブラザーズでは、下Bとか上Aなど非常にコマンドが簡単であったことから広い世代で爆発的な人気を博しました。

また、従来の格闘ゲームのような体力制ではなく、ダメージによって吹っ飛びやすさの変わるパーセンテージ制を採用し、ベーゴマのようにコート外に相手を落とせば勝ちというルールであった点もパーティ用ゲームとして秀逸です。

当時は選ばれしもののみのオールスター戦

ちなみにこの大乱闘スマッシュブラザーズというゲームですが、任天堂のキラータイトルとして、その後も、ゲームキューブ、Wiiで続編が出ており、そして最近まさに任天堂Switchでも最新タイトルが発売されています。

今となってはキャラは50人(匹)以上にもなって、AKB48のような様相を呈していますが、初期の大乱闘スマッシュブラザーズ64では、キャラは初期で8人、隠しキャラを含めても12人という選ばれしものの祭典でした。

一応キャラを紹介しておくと、以下の通り

初期キャラ:マリオ、ヨッシー、フォックス、ドンキーコング、リンク、ピカチュウ、サムス、カービィ

隠しキャラ:キャプテンファルコン、ネス、プリン、ルイージ

まさに選ばれし者どもですね。

1タイトルから複数キャラが登場しているのは、当時ブイブイ言わせていたポケモン(ピカチュウ、プリン)とマリオ(マリオとルイージ)のみ。

非常に狭き門でした。

4人対戦を本格化させた初のタイトル

そしてこの大乱闘スマッシュブラザーズというゲームが流行った理由の一つとして、任天堂64で新たに導入された4人対戦という機能をフルに生かしたゲームだった点が挙げられます。

いままでゲームというとスーパーファミコンしかり、ゲームボーイしかり、基本的には1人用、たまに2人プレイができる程度のものでした。

例外としてボンバーマンのタコ足配線での5人対戦がありましたが、まあ本格的にみんなで楽しめるパーティゲームというのはなかったのです。

そこで誰でもプレイしやすく、しかもみんなが知っているキャラ達が登場する大乱闘スマッシュブラザーズというゲームが発売され、今までゲームをしなかった人も含めて、当時の子供でまったくスマブラをしたことがないという子はほとんどいないほど、流行りました。

簡単だが奥が深いゲーム性

しかも、この大乱闘スマッシュブラザーズというゲーム。

操作は簡単ですが、非常に奥が深く上級者同士の戦いはまさに武士の真剣勝負のような感じです。

お互いに飛び道具でけん制しながら距離を詰めていき、一度攻防が始めれば一気にコンボでメテオまでつなげていくというまさに匠の技。

当時はテレビでスマブラの勝ち抜き戦などもやっていて、プロの技に魅了されてゲーマーへの道を進んでいくことを決めた子供も数多くいたと思われます。

今でも大学の部室などにいくと任天堂64が置いてあって、大乱闘スマッシュブラザーズのカセットが刺さっているというところも多いです。

まさに時を超えて親しまれる名作ゲームなのです。

大乱闘スマッシュブラザーズ続編情報

最後に大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの続編情報について紹介していきたいと思います。

大乱闘スマッシュブラザーズの続編としては64での初期版が発売された2年後の2001年11月に任天堂ゲームキューブで『大乱闘スマッシュブラザーズDX』が発売。

 

その7年後の2008年1月にWiiで『任天堂スマッシュブラザーズX』

 

2014年9月に任天堂3DS で初の小型ゲーム機版のスマブラである『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が発売されています。

 

さらにその3か月後には3DS版と連動した『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』が発売。

 

そして2018年12月に最新機種である任天堂Switchで『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 』が発売という流れです。

 

終わりに

ここまで大乱闘スマッシュブラザーズ64についての話を書いてきましたがいかがだったでしょうか。

大乱闘スマッシュブラザーズ64は、世代でないよという人も時代を逆行してプレイするに値するゲームです。

ぜひまだプレイしたことのない人は世代な人を訪ねてプレイしてみてはいかがでしょうか。