ゼルダの伝説みたいなゲーム、広大なアクションRPGの似た作品おすすめまとめ!

ゼルダの伝説みたいなゲームを紹介します。

  • 似ているやつを探していたんだよなぁ・・。
  • 新作が出るまでの繋ぎにしたい!

という人は参考にしてください。

目次

本サイトでは、懐かしいレトロゲームのリメイク新作・続編情報をまとめています。

もし新作が出ていない場合でも、テイストの近い作品を紹介しますので、昔やったゲームに近いものをやりたい欲を満たせると思います。

ぜひチェックしてみてください。

ゼルダの伝説とはどんなゲーム?

まずはゼルダの伝説について簡単に解説します。

項目内容
タイトルゼルダの伝説シリーズ
メーカー任天堂
発売年1986年〜
ジャンルアクションRPG
ハードFC、64、GC、Wii、Switch等

ゼルダの伝説とは、以下のようなゲームです。

少年リンクがゼルダ姫を助けるためのアクションRPGゲーム。Switchではオープンワールド。

トップビュー型のアクションRPGゲームになります。
メイン武器は剣と盾ですが、爆弾や弓矢などの様々なアイテムを駆使して戦います。
特定アイテムがないと勧めない場所も多々あり、そのアイテムを入手するためにマップ内を探索する必要があります。

ゼルダの伝説みたいなゲームのおすすめまとめ!似た名作はこれだ!

本題に入り、ゼルダの伝説と似ているゲームのおすすめを紹介します。

ファイナルファンタジー15

まずはファイナルファンタジー15です。

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

ブレスオブザワイルドに限るが、オープンワールドが採用され、自由度が高くなったことと、物語の鬱展開度合いが似ている。FFにアクション要素が出されたことで似ていると感じた。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

物語が進むにつれて絶望度合いが増していくところ。ブレワイとは違いやり込み方がクエスト方式であるため、区切りやすい。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

物語が暗めで、ずっと絶望していた。ラストの終わり方も賛否両論だがわたしは好きだった。けれどしばらく引きずった。

ニーアオートマタ

続いてはニーアオートマタです。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,536 (2023/01/29 23:18:25時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

荒廃した町の雰囲気や、ただぶらぶら探索するだけの楽しさが似ている。自分の操作するキャラしか物語を動かさないため、自分の世界が独立されている感じがする。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

ストーリーが進むにつれてどんでん返しがあるところ。登場人物同士のやり取りがあり、登場人物の感情で物語が動かされ、プレーヤーの感情でもストーリー分岐があるところ。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

国家試験目前でやり始めたため、ひたすらにやり込むことができなかった。1日使ってそのゲームに浸りながらやりたかった。ラスト絶望してしばらく引きずった。

イースシリーズ

続いてはイースシリーズ(特に1)です。

created by Rinker
日本一ソフトウェア
¥5,650 (2023/01/29 23:18:26時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

同じようにトップビュータイプのアクションRPGであることや様々なアイテムや装備を駆使して戦う点は似ていると思います。特定のアイテムがないとクリアできない場所がある点も近いです。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの魅力は以下の通り。

ここが違い!ここが面白い!

イースには主人公のレベルがある点が一番大きな違いだと思います。レベルを上げることで体力や攻撃力、防御力が上昇するのでクリアが難しいところはそれで対応することができます。

印象に残っているエピソードはこちら。

思い出教えて!

最後のボスより途中のボスの方が強くてとても苦戦したことを覚えています。特にムカデタイプのボスが斃せなくて結局友人に倒してもらいました。

聖剣伝説シリーズ

続いては聖剣伝説シリーズです。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,727 (2023/01/29 20:14:46時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

アクションRPGという基本システムのためかアイテムを駆使しながら先に進む必要があることは特に似ていると思います。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

ゼルダの伝説より登場人物が多く、それぞれに役目が与えられているのでストーリーが非常に複雑になっている作品だと思います。主人公に職業が設定されている点や、イベントなどで操作キャラクターを変更しながらギミックをクリアする必要があるところが違いです。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

普通のrpgだと思って購入したらアクションゲームだった点に驚かされました。幸いアクション要素はあまり強くなかったのでクリアできましたが最後の戦いで大苦戦させられました。

ランドストーカー

続いてはランドストーカーです。

created by Rinker
セガ
¥11,880 (2023/01/29 20:17:01時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

アクション性の高さと同中に用意されている様々なギミックをクリアしないと先に進めないというパズル要素の強い点が似ていると思います。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

全体的にコミカルなストーリー展開なので読んでいて暗さがあまりないです。キャラクターも可愛らしいので安心してプレイできる作品だと思います。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

マップが非常に広いゲームでよく道に迷った記憶があります。クリアするまでとうとう全部を覚えることができなくて常に攻略本を見ながらのプレイでした。

ドラゴンクエスト8

続いてはドラゴンクエスト8です。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥5,036 (2023/01/29 23:18:26時点 Amazon調べ-詳細)

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

城の姫と従者の関係であり、姫と国を助けるために冒険しているところ。王様がお助けキャラのようなところ。

ゼルダの伝説との違い、そのゲームならではの魅力は以下の通り。

ここが違い!ここが面白い!

レベリングシステムであるところ。やり込めばやりこむだけ強くなるので、初心者でもやりやすい。狩場が確立されているのでレベリングもしやすい。

印象に残っているエピソードはこちら。

思い出教えて!

初めてちゃんとプレイしたRPGゲームであり、鬱展開と言われるゲームにハマった原因。一生懸命プレイしているのに登場人物を一度も助けることができないもどかしさでどんどんのめりこんだ。

ドラゴンスレイヤーⅣ

続いては「ドラゴンスレイヤーⅣ」です。

概要は以下の通り。

こんなゲーム!ここが似ている!

ラスボスを倒すためのアイテムを探すためにダンジョンを探索するアクションRPGなのと、アイテムによって冒険できる範囲が広がる点です。

そのゲームならではの面白い点はこちら。

ここが違い!ここが面白い!

家族を使って動かすキャラを切り替えて探索をしていくので、キャラそれぞれの特徴をうまく利用して探索を進めていく点です。

さらに思い出を伺いました。

思い出教えて!

ダンジョンが広くて迷子になり、それによってよくゲームオーバーになったのと中ボスが強くて何度もやり直して、ラスボスまでたどり着いた時の苦労とボスの強さ自体はラスボスよりも3番目の中ボスの方が強かった肩透かしはあったけど、ラスボスを倒したときの達成感とエンディングに感動した思い出があります。

まとめ

以上がゼルダの伝説みたいなゲームのおすすめでした。

まとめると以下の通りです。

ぜひプレイしてみてください。ではまた。良いゲーマーズライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

昔好きだったあのソフト、実は新作が出ているかも?

当サイトでは、400作品以上(シリーズ含む)のリメイク情報をまとめています。

そういえば・・昔好きだったあのゲーム、今どうなっているんだろう・・?

久々になんか懐かしいゲームがしたいものよ・・

そう思った際にはぜひご利用ください。

また、もし新作が出ていない場合でも「テイストの似た作品」を合わせて紹介しているので新たな作品の幅が広がるかも!

\対応ソフトは500本以上/

この記事を書いた人

関連コンテンツ(広告あり)

コメント

コメントする

目次