【バンブラSwitchはある?】大合奏バンドブラザーズシリーズのリメイク、続編新作情報まとめ!

bandbrothers-top

本記事では「大合奏!バンドブラザーズシリーズ 」のリメイク情報を解説します。

結論としてはリメイク作品は出ていません。(3DSが最新、Switch等はなし)

原作最新(3DS)↓

created by Rinker
任天堂
¥5,480 (2022/12/08 00:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

※本記事は管理人未プレイなので、わかる人に書いてもらいました。

>>3DSの隠れた名作ソフトおすすめまとめ!アクション、RPG、その他でそれぞれ解説

目次

大合奏!バンドブラザーズシリーズ とは?

まずは概要を紹介します。

タイトル大合奏!バンドブラザーズシリーズ
ジャンル音ゲー
人数1〜8人用
ハードDS、3DSなど
大合奏!バンドブラザーズシリーズ の概要

このシリーズが好きな人のコメントは以下の通り。

音楽がどんどん増えていく点。すべてのボタンを使うので集中できるし頭の働きがよくなる感じがしたので、一曲してから勉強したりしていました。

伴奏パートが遊べる&各ボタンに音が割り当てられていて、「自分が奏でている感」がしっかり味わえるところ。

インターネットでユーザーが作成した楽曲をダウンロードで出来るところ。自分の好きな曲や最新曲も追加する事が出来る。当時はそういった仕組みは珍しかったと思う。

音楽ゲームとしてプレイするだけでなく、作曲も出来るところが一番好きです。

キャラクターと世界観が、他のリズムゲームと比べて好き。

–人によって好きな部分が違うと思いますが私はこのゲームで簡易的に作曲ができる所です。

大合奏!バンドブラザーズシリーズ の続編・リメイク情報

bandbrothers-top

続いてリメイク情報です。

シリーズ一覧

まずはシリーズ一覧です。

Noタイトル発売ハード
1『大合奏!バンドブラザーズ』2004DS
1+『大合奏!バンドブラザーズ追加曲カートリッジ』2005DS
2『大合奏!バンドブラザーズDX』2008DS
3『大合奏!バンドブラザーズP』20133DS
シリーズ一覧

1↓

created by Rinker
任天堂
¥4,290 (2022/12/07 19:49:21時点 Amazon調べ-詳細)

2↓

3↓

created by Rinker
任天堂
¥4,240 (2022/12/08 00:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

リメイク作品(続編新作)

続いてはリメイク情報です。

基本的にはリメイクはされていないので原作を遊んでいきましょう。

3DSで「大合奏!バンドブラザーズP」が発売されて以来、続戦の情報はありません。ニンテンドースイッチでの発売を切望しています。

最新はこれ↓

created by Rinker
任天堂
¥5,480 (2022/12/08 00:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

大合奏!バンドブラザーズシリーズ のおすすめは?

ではそんな大合奏!バンドブラザーズシリーズ のおすすめについて聞いてみました。

一番人気はDSのDXでした!

大合奏!バンドブラザーズDX

まずは「大合奏!バンドブラザーズDX 」好きの方のご意見です。

created by Rinker
任天堂
¥4,240 (2022/12/08 00:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

概要

概要とシステムを教えて下さい

ストーリー性能はありませんが、このシリーズからネットでいろんな人が作った音楽をダウンロードして演奏できるようになったため。

楽器店のバーバラ・バットの元で様々な楽器や曲が弾ける、という極めてシンプルなストーリー。有名曲や流行りの曲が収録されており、1曲につき最大8パートまで割り当てられ、それぞれをDSで「弾く」ことができるシステムです。今作よりWi-Fi接続が実装され、他のユーザーが作曲した作品をダウンロードできるようになりました。

楽曲をダウンロードして、自分好みの曲を増やせるようになりました。使用できる楽器数も58種類に増えました。また、DS本体のマイクを使用した「歌う」モードが搭載され、歌声タイプ診断や歌トレーニングが可能になりました。

面白いところは?

面白い点を教えてください。

面白い点

最近流行りの曲や誰かの作ったオリジナルソングを演奏できるところ。点数がランキング形式で確認できるところ。

元々音楽ゲーム・リズムゲームが好きなのですが、中でも特に操作性が良く、「弾けるようになった!」という達成感と爽快感が味わえるところです。

使用できる楽器数が増えたため、作曲の幅が広がり普通ならあり得ないような楽器の組み合わせの曲を作れるところが面白いです。

作曲全般に遊んでたのですがゲームなのにちゃんと8トラック作れて簡易的なドラム、ベースやギターも音符を打ち込んでいき、ギターに関しては和音設定もあります。

メロディーもピアノにしたりフルートなどもあるのでメンバーに聞いてもらう時などソロ音指定もできるし、一般的なミキサーと一緒で音量調整やパンを振ったりすることも可能です。

ちょっとしたミックスもできるのし、音符の読み方も覚えられるのでそこは面白いと思います。

印象に残っているシーンは?

それぞれのファンに印象深いシーンを伺いました。

つまらない点

微妙な点があれば教えてください

ここはいまいち

発売から時間が経つとプレイする人が少なくなるので楽曲もほとんど更新されなくなるところ。

ダウンロード上限回数が決まっており、一度ダウンロードした曲は消すことができない点です。

容量が足りません。作曲した曲の保存する場所がすぐにいっぱいになり、何度か他の曲を削除することになってしまいました。

ストーリーモードで曲に合わせてボタンを押すのがバンドではないなーと思う所です。

大合奏!バンドブラザーズ

続いては「大合奏!バンドブラザーズ 」好きの方のご意見です。

created by Rinker
任天堂
¥459 (2022/12/08 00:28:42時点 Amazon調べ-詳細)

概要

概要とシステムを教えて下さい

楽譜に合わせてボタンを押す一般的な音ゲー。当時画期的だったのは自分で作曲=ゲームを作ることができたこと。

面白いところは?

面白い点を教えてください。

面白い点

収録楽曲だけでなく、後から他の人が再現した他のゲームのBGMでも遊べるところが面白い

印象に残っているシーンは?

それぞれのファンに印象深いシーンを伺いました。

つまらない点

微妙な点があれば教えてください

ここはいまいち

作曲モードは、自分でやるには難しかったこと

大合奏!バンドブラザーズP(3DS)

続いては「大合奏!バンドブラザーズP 」好きの方のご意見です。

created by Rinker
任天堂
¥5,480 (2022/12/08 01:18:51時点 Amazon調べ-詳細)

概要

概要とシステムを教えて下さい

基本的に音ゲーであり特にストーリーと言ったものはない。キャラクター同士、会話の掛け合いがある位の物。

面白いところは?

面白い点を教えてください。

面白い点

自分の好きな曲を追加できる所。楽曲の様々なパートを演奏できる所。3DSの2画面、タッチパネルを活かした演奏方法。

印象に残っているシーンは?

それぞれのファンに印象深いシーンを伺いました。

つまらない点

微妙な点があれば教えてください

ここはいまいち

ユーザーが作成した譜面なので音ゲーとしてのレベルが保証されない。演出的なものがないので飽きやすい。

大合奏!バンドブラザーズシリーズ と似た作品、併せてオススメなゲームは?

最後にこのシリーズが好きな人におすすめな作品を紹介します。

併せてオススメな作品

1.「太鼓の達人」

太鼓の達人。音楽リズムゲームの王道なので。サポート期間も長く、新シリーズがどんどん発売されているので。

2.Deemo

created by Rinker
フライハイワークス
¥3,056 (2022/12/07 21:28:03時点 Amazon調べ-詳細)

Deemo(ハード:ニンテンドースイッチ等)「バンブラ」が好きな人はおそらく純粋な音楽ゲーム好きだと思うので、最近遊んだ中で最も操作感がよく、キャラより演奏重視と感じた作品を挙げさせていただきました。

3.「リズム天国」

「リズム天国」シリーズ「押忍!闘え!応援団」シリーズ「メイドインワリオ」シリーズ任天堂制作の音ゲー、ミニゲーこれらの方が演出から達成感や成長を感じやすく、ゲームとして面白い。

ぜひプレイしてみましょう!

ではまた。良いゲーマーズライフを!

created by Rinker
任天堂
¥5,480 (2022/12/08 00:28:40時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

昔好きだったあのソフト、実は新作が出ているかも?

hoihoi90-top

当サイトでは、400作品以上(シリーズ含む)のリメイク情報をまとめています。

そういえば・・昔好きだったあのゲーム、今どうなっているんだろう・・?

久々になんか懐かしいゲームがしたいものよ・・

等、ふと思った際にご利用ください。

また、もし新作が出ていない場合でも「テイストの似た作品」を合わせて紹介しているので新たな作品の幅が広がるかも!

ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次