プレイステーション

サイコロゲーム「XI [sai]」の思い出とリメイク情報(PS)

xi1

本記事では、PSゲーム「XI(sai)」についての思い出とリメイク情報を、そのゲームに思い入れの深い方(ヨウさん)に解説いただいた内容です。

こんにちは!「ヨウ♪」といいます。

今回、たkるさんにゲーム記事の寄稿をする機会をいただいたので挑戦させてもらいます。

たkるさんありがとうございます。

  • 面白いパズルゲームないかな?
  • 昔やったサイコロのゲームどんなゲームだっけ?
  • 熱中できるパズルゲームを探しているけどいいのない?

そんなあなたに、最適なゲームを紹介します。

その名も『 XI [sai] 』

created by Rinker
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥8,393 (2021/09/24 18:03:22時点 Amazon調べ-詳細)

『ハマりやすくてヌケにくい』

まさしくこのチャッチフレーズ通り。

私もやり出すと8時間以上やっていた思い入れのあるゲームです。

この記事を読めば、XI [sai] がどんなゲームかわかり、このゲームのハマりかたがわかります(笑

それでは早速いってみましょう!

XI [sai] とは?サイコロを使ったシンプルなパズルゲーム

1998年 初代プレイステーションで発売されたパズルゲーム。

ルールはシンプルでサイコロの上にのったキャラクターを操作し、サイコロの目と同じ数並べるゲームです。

6の目のサイコロを、6個そろえると消え

5の目のサイコロなら、5個そろえると消える。

シンプルですが、ハマる要素として

そろえた時にすぐに消えるのではなく、沈んでいくように消えていきます。

その沈んでいくサイコロに、同じ目のサイコロをつなげるとコンボが発動したり。

沈んでいくサイコロに1の目をつなげると、すべての1の目が消える

「ハッピーワン」など

シンプルでも奥深いルールのゲームです。

映像がないとイメージがつきにくい!

そんな方は、プレイしている動画を見てみてください。

Xi動画

いや〜 懐かしい!

トライアルモードがメインモードですが

4つのモードがありそれぞれ楽しみ方があります。

トライアルモード:ひたすらパズル!

1人〜2人でパズルを純粋に楽しむモードです。

  • エンドレス
  • タイムリミット(3分時間制限)
  • エキシビジョン(2人協力)

があります。

私はエンドレスで集中して、ゲームを楽しんでいました。

バトルモード:2人でバトル

2人が得点を競うバトルモード

2人だとなぜかあまり盛り上がらない・・・

ウォーズモード:まさに戦争

マルチタップを使用すれば、最大5人まで対戦可能。

みんなでワイワイ遊べる人気のモードです。

パズルモード:問題は100問あり!

1人専用モードで、決められた手数ですべてのサイコロを消す。

詰め将棋のXI [sai] 版

XI [sai] の魅力と思い出。サイコロマスターへの道

XI [sai] はいろいろなゲームモードがありますが、

なによりトライアルモードのエンドレスが一番ハマります。

サイコロの目を覚えるとさらにハマります。

XI [sai] の魅力は

はまり出すと永遠にやってしまう。

どの中毒性です!

なぜなら、シンプルだけどいろいろな方法でコンボがつなげることができる

はじめは、なんとなくやってもコンボが決まってきます。

そのうち、狙ってコンボが決まるようになります。

ハマるためのポイントは、見えていないサイコロの目を把握することです。

  • 『6の目』の裏は『1の目』
  • 『5の目』の裏は『2の目』
  • 『4の目』の裏は『3の目』
  • 『3の目』の裏は『4の目』
  • 『2の目』の裏は『5の目』
  • 『1の目』の裏は『6の目』

表と裏の目を合計すると7になる。

これを覚えて意識すると、3マス横に6の目を置きたいと思ったらできるようになります。

思ったようにサイコロが動かせて、コンボがつながると気持ちいい!

そんなに簡単にいかないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、意外と簡単に下の動画のように、できるようになります!

嫌なことがあったときこそゲームをしよう!

XI [sai] は思い入れのあるゲームです。

なぜなら、新入社員だったころの私には、嫌なことや辛いことから気持ちを切り替えるのに

ゲームは最適だったからです。

会社員に出て15年今では管理職の私ですが、新入社員のころは失敗ばかりで

毎日、先輩方や上司に日々怒られてばかり・・・

当時は『パワハラ』という言葉も浸透していない時代、物が飛んでくることもあります。

「仕事いきたくないなぁ〜」と思いながら、家に帰ってゲームしてました。

そんな時に、友人より借りたゲームが XI [sai]  でした。

はじめは、斜めの動きなど操作しづらいゲームだと思いながら

いろいろなモードを試していきましたが、すぐになれて30分以上続けることができるようになりました。

XI [sai] は、ハマるとあっという間に時間が過ぎて「あれ、もうこんな時間?」という集中していました。

ゲームが終わったときには、気持ちはすっきりして不思議と「さあ!明日も頑張ろう!」に切り替わっていたのを覚えています。

嫌なことやつらいことがあった時こそ、自分が好きなゲームに没頭するのは本当にいいことです。

「好きなゲームがない?」

だったら、XI [sai] をオススメしますよ。

XI [sai] を遊ぶにはどうすればいい?続編、リメイク情報など

  • XI [sai] もう一度やりたい!
  • XI [sai] って面白そう、やってみたい。

そんな人に、残念なお知らせです。

2021年5月現在、XI [sai] は現在市販されているゲーム機ではできません。

ではどうすればできるのか?

私も本気でまたやりたいと思い、調べました。

方法は3つあります。

XI [sai] を遊ぶ方法①:初代PSで遊ぶ

中古やネットで手に入れることになりますが、初代プレイステーションで遊ぶ方法です。

「プレイステーションもってるよ!」

って人は、ソフトだけでOKですね。

うらやましい。

XI [sai] を遊ぶ方法②:ダウンロード販売で購入

対応できる機器でダウンロード販売にて購入して、遊ぶ方法です。

ですが、対応しているゲーム機が

  • PS3
  • PS Vita
  • PS Vita TV

上記のゲーム機を持っている方は、この方法を試してみてください。

XI [sai] を遊ぶ方法③:プレイステーションクラッシックで遊ぶ

プレイステーションクラッシックは2018年12月3日に数量限定で発売された。

初代プレイステーションのコンパクトにしたデザインのゲーム機で、内蔵で20本おソフトが入っています。

その20本の内にXI [sai] があります!

限定発売でも、Amazonなどでも販売されてますから

今は最新のゲーム機しかもっていない人には、一番お手頃な方法ですね。

XI [sai] のシリーズ製品情報

XI [sai] はシリーズ物のゲームになっています。

初代XI [sai] がでてから、2タイトルが発売されているので紹介していきます。

どちらも、ルールに追加要素がつくためちょっと別ゲー感があります。

たkる
たkる
PS1とPS2です。

XI JUMBO:アクション要素が強くなった!?

XI JUMBOは、初代XI [sai] をベースに

  • サイコロの上にもう1段重ねることができる。
  • サイコロを持ち上げれる
  • ほかのキャラを投げれる
  • サイコロにジャンプで乗れる
  • キャラによって移動速度などが違う

など、やれることが多くなり。

5人対戦はできなくなりましたが、2人対戦でいろいろな手が使える。

対戦に特化してきたイメージです。

created by Rinker
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥2,180 (2021/09/24 18:03:22時点 Amazon調べ-詳細)

XIゴ:最後のXI [sai] ルールが大きく変わる!

最後にして最初のルールが導入されます。

サイコロの目の数をそろえると、サイコロが爆発するルールに変更

XIゴではパズルモードの代わりに、クエストモードが搭載されて始めやすいと思います。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥7,780 (2021/09/24 18:03:23時点 Amazon調べ-詳細)

個人的には初代XI [sai] が好きです。

機会があったら遊んでみてください。

たkる
たkる
ヨウさん、ありがとうございました。自分にとってXIは小学生の頃に友達の家で何度か見かけたけど、小学生にはまだ早いゲームみたいな感じでした笑(シムシティとかと同じく)

大人になってからプレイするとハマれそうですね!

この記事を書いた人:ヨウさん

ダメダメ新入社員だった私も、今ではリフォーム営業で管理職です。

本業で得た知識で『失敗しない外壁塗装』をするブログを運営中

興味がある方見てみてくださいね。

外壁塗装ブログ → you15151.com

Twitterアカウント → @youbu13