任天堂64

ドンキ―コング64、4人対戦(モンキースマッシュ)だけ慣らした人並み感

任天堂64において大きな転機となったソフトの1つがドンキーコング64です。

ドンキーコング64は、スーパーマリオ64などと同様に、これまで2Dゲームだったドンキーコングが初めて3Dアクションゲームに進化した作品となります。

このゲーム、何故かはわからないんですが、拡張パックというアイテムを装着しないとプレイ出来ないです。

kakucho-pac
たkる
たkる
謎だけど引っかかりがち!

で、このゲームはめっちゃ対戦が盛り上がることでも有名

今日は、そんなドンキーコング64について振り返っていきます

ドンキーコング64とは?箱庭型アクションゲームだけどめっちゃ広い

まずはドンキーコング64とはどのようなゲームなのかを簡単に解説します。

donky64-pac

ドンキーコング64では、スーパーマリオ64などと同様に、3D仕様の箱庭型のアクションゲームとなっています。

donky64-story

操作キャラクターはドンキーコング他、その仲間たちで、最初はドンキーコングだけのところから徐々に仲間を開放しつつ、奪われたゴールデンバナナを取り返しに行くというストーリー。

特徴としては、キャラごとにできる動作がちょっとだけ違ったり、取れるゴールデンバナナが異なったりするという点。

キャラをチェンジしながら進まないといけないという割とテクニカルなアクションゲームです。

ドンキーコング64の思い出!ストーリーモードは諦めた!

続いてはドンキーコング64の思い出を振り返って行きます。

印象深いのはこんな感じ。

それぞれ見ていきましょう。

やけにリズミカルなオープニング

まずはOPムービーです。

新しいゲームを買うと説明書も読まずにすぐプレイするタイプの自分は、実は全然オープニングムービーとかも見てなかったんですが、うちに遊びに来た友達が「いやOPもみようよ!」というので見てみたらめっちゃセッションしてたんです。

この3分ちょいの映像が、今見返すとなんかバンドメンバーぽくてめっちゃアツくない??と思い始めています。

たkる
たkる
・・・当時は全然だったけど、今ならわりと無限に聞ける

という無駄にOPに気合が入った作品なのが感慨深い1点目。

ちなみに使用可能なドンキーたちのキャラの正式名称はザ・コングクルーと言います。

・・・めっちゃかっこよくない??

ゴールデンバナナ難しすぎ問題

続いての印象はゴールデンバナナ集めの難しさです。

ドンキーコング64のストーリーモード(アドベンチャー)では、各ステージを巡って、ゴールデンバナナを集めつつボスを倒していくというスタイルなんですが、このゴールデンバナナ集めがわりと大変です。

特にミニゲームをプレイしてそれにクリアするともらえるタイプのやつがけっこう鬼畜で、ポイントも分からないまま負け続けるみたいゲームもわりとありました

たkる
たkる
当時、攻略サイトを見るという概念がなかった自分、50本くらいで詰み始める・・!(確か全部で250本とかだったはず?)

ステージ5以降暗すぎ問題

結局このゲーム、ストーリーモードは途中で投げ出したんですが、自分(当時小2)がストーリーモードを諦めた理由は、ゴールデンバナナ集め以外にもありました。

それは何かと言うと、ステージが暗すぎて怖かったから

ドンキーコング64は全体的に海外テイストというか、ちょっと暗色系の色合いなんですが、特にステージ5以降がめっちゃ暗いんです。

それが怖くて、、ゴールデンバナナもむずいしで、初めて投げ出したゲームがこのドンキーコング

※その後はピクミンもあきらめた(犠牲に耐えられず)

たkる
たkる
無念のリタイア・・

唐突なピタゴラスイッチ

続いて思い出すのは、ちょいちょい挟んでくるピタゴラスイッチです。

donky64-pitagorasu

ドンキ―コング64のストーリーでは、発明家のキツネに設計図を持っていくとゴールデンバナナが貰えるんですが、これのときにバナナを落とす仕組みが何故かピタゴラスイッチなんです。

・・・いや、普通にくれや・・!

と思いつつ、わりと印象深い。

ドンキーコング64の対戦のコツ!モンキースマッシュ熱すぎ問題

という感じで途中で投げ出すという無念の結果に終わったドンキーコング64ですが、個人的にはわりと好きなゲームの一つです。

では何が良いかと言うと、対戦です。

任天堂64は基本的に対戦ゲーがアツいんですが、その中でもドンキーコング64は5本の指に入るほどの良ゲーなんです。

以下ではドンキーコング64の対戦を解説します。

モンキースマッシュとバトルアリーナがあるが・・

まず対戦ゲームとしては2種類があって以下の通り。

monky-smash
  • モンキースマッシュ
  • バトルアリーナ

アツいのはモンキースマッシュです。(バトルアリーナは劣化スマブラみたいな感じで微妙

なのでモンキースマッシュについて解説します。

モンキースマッシュは資材アリのバトルロアイアル

モンキースマッシュとはどんなゲームなのかを解説します。

モンキースマッシュとはストーリーモードでプレイヤーが操作するキャラたちを使い、プレイヤー同士でつぶし合いを行うというバトルロワイアル形式のゲームです。

たkる
たkる
これがめっちゃアツい!

というのも、これまでの対戦ゲームと言うと、大乱闘スマッシュブラザーズマリオカートなど、基本的にはキャラの性能は常に同じで、兵力差はない格ゲー方式でした。

しかし、このドンキーコング64では、それに加えて、資材集めが重要になるという半FPSのような面白さがあったんです。

集めるべきは火薬とボム

じゃあ何を集めるのか、というと火薬とボムです。

序盤は資材集め↓

donki64-taisen-jyoban

主な攻撃手段は、素手、ランチャー、ボムの3種類。それぞれのダメージはこんな感じ。

  • 素手・・・ライフ1/2
  • ランチャー・・ライフ1
  • ボム・・・ライフ3/2

チャンキーだけ与えるダメージが多くてズルいんですが、後はこんな感じです。

なので、如何にしてランチャーやボムを当てるかが重要になるわけなんですが、ランチャーとボムは資材を集めないと打てません

ちなみにそれぞれの最大量は

  • ランチャー・・・ノーマル50発、ホーミング15発
  • ボム・・・20個

といった感じ。こんだけフルで集められるとかなり強いですが、任天堂64においては相手の画面も見えているので一人で抜け駆けをしているとすぐばれます

その辺のせめぎ合いをしつつ、如何に最小の兵力を見極めるか、みたいなところがアツいんです。

たkる
たkる
何!?もう攻めて来ただと・・!早すぎる!

みたいな。

ちなみにこれ、1vs1vs1vs1のガチバトルロアイアルをすると永遠に終わらない(HPがヤバくなるとお互いに戦いを辞めてすいかで体力を回復するため)ので、2vs2とかがおすすめ

集めたら後は打ちまくる!画面は見えないけど打ち止めたら負ける戦場感

そして各プレイヤーにある程度資材がたまったら撃ち合いが始まります。

この撃ち合いが複数人で行われると、もはや画面はランチャーの弾丸とボムの爆風でほとんど見えなくなります

yokumienai-doki64-taisen

すると、

1P
1P
「先輩、何も見えません!」
2P
2P
「ひるむな打てー!」
1P
1P
「でも、相手一人もう逃げてます!このままでは味方同士でつぶし合いです!」
2P
2P
「なんだと!?本当だ、追いかけろー!」

みたいな感じが2vs2の戦いだとよく起こり、この画面見えないけどめっちゃ打ち続ける感が戦場っぽくてわりと楽しいです。

ショートカットを制せ!

という感じのドンキーコングの対戦ですが、アツいのはショートカットです。

このモンキースマッシュにおいては、壁をすり抜けられるポイントが設置されており、その辺の地の利をしっかり頭に叩き込んでいるかどうかで情勢がかわります

具体的にはステージ1のワープポイント4と5のエリアは中央のアリーナからの他に1Fの通路からも行けるようになってるんです。

が、これがめっちゃわかりにくい

追いかけてた敵が急に消えたりすることもあるので、地の利を制すことの重要性を学ぶことができるゲームとして非常に重要です。

最後は肉弾戦になることもありアツい

ちなみに最後1vs1とかになったとき、お互いに弾薬が底をつき、肉弾戦でラスト半分のすいかを削り合うみたいな展開になることもままあります。

これが少年バトル漫画とかでよくある、最後は「うおおーー!」っていって殴り合う感じの展開っぽくて楽しいです。

勝っても負けても騒ぎすぎて、よくうるさいと怒られがちなゲームがこのドンキーコング64なのです。

たkる
たkる
防音環境を万全にしてからプレイしましょう!

WiiUリメイク版もあり!ドンキ―コング64の対戦をプレイしよう!

という感じがドンキーコング64の思い出でした。

たまにやるとやっぱりめっちゃ盛り上がるので、まだプレイしたことのない方はぜひプレイしてみてください。

ちなみに最初ちょっと操作が難しいので、チュートリアルをしっかりやるとより楽しめます

そんな感じです。ではまた。良いゲーマーズライフを!

【中古】 【ソフト単品】ドンキーコング64  /NINTENDO64 【中古】afb

※拡張パックの有無を確認しましょう。

64matome
任天堂64で4人対戦にオススメなゲームをまとめる会64世代の自分が、元祖4人対戦ゲームである任天堂64における4人対戦にオススメのゲームをまとめていきます。 パーティーのお供になれ...